シャトルを再利用

スポンサーリンク

羽不足の話があり、羽について常々思っていたことの改善策を思いついたので

活動再開後実践していきたいと思います。私の思いと今後の対応を書いていきます。

羽は常に大量処分

普段使っているシャトルですが、当然ですがサークル活動を行っていると

大量に消費します。なので1,2ヵ月に1度ぐらいのペースで数百個の

シャトルをまとめてゴミ出しに行っています。最近は当たり前のようにゴミに出して

しまっていましたが、思い起こすと、俺が大学生だったころ、近所の体育館に友達と

遊びでバドミントンをやりに行っていた時は、よく俺たちの前に活動していた

バドミントンサークルの人たちが大量にごみ箱に捨てて行ったシャトルをゴミ箱から

頂いてバドミントンをしていました。

その方々か捨てて行ったシャトルは俺たちが遊びで使うように持っていたシャトルより

ずっと綺麗だったからです。

遊びバドミントンの羽の実情

私は子供のために毎週末あちこちの公園に行くのですが、公園に行くとほぼ必ず

バドミントンをやっている人がいます。彼らが使っている羽を見ると、意外と水鳥羽

を使っている人たちもいるのですが、その羽を見ると、かなりボッロボロの羽を使って

遊んでいる人たちをよく見かけます。うちのサークルで捨てている羽よりずっとボロボロです。

実際遊び程度でやる人であればおそらく我々のサークルで捨ててしまうレベルの

シャトルでも十分に遊ぶ事は出来るのでしょう。外でバドミントンをやるのであれば

とりあえず打ち合いが出来れば良いので羽が2本ぐらいなくなっていてもあまり関係ないのです。

シャトルって何から出来てるか認識してる?

シャトルは水鳥君たちの羽から出来ています。なので、もしかしたら彼らの命を

このシャトルのために頂いていしまっているのかもしれません。そう考えると、

羽をまだ使えるのに捨ててしまうのは申し訳ないって思いませんか?私は羽を実際に

捨てている立場であるっていうのも影響してか常々そう思っていました。

水鳥君たちに申し訳ないって。なのでたまーにボロ羽を欲しいという人がいるので

そういう人には喜んで無料で上げていました。しかしめったにそう言ってくる人も

いないので、殆どは捨ててしまっていました。

恐らく仮に欲しい人がいても私と親しい関係になっていないとなかなかそういう

お願いをするのもしずらいのだろうと推察しています。

羽を無駄にしないための対応策

捨てるレベルの羽は必ず毎回活動後に1本以上分の量が発生しています。

なので今後もらう側の遠慮もなくするために、この羽を1本50円でお譲りします。

購入という形をとれば遠慮する必要もなくなるのではないかと思います。

なのでもしボロ羽欲しい人がいたら活動後に言ってくれれば誰にでもお譲りします。

50円であれば購入者も全く気にするような額でもないと思いますし、50円で買った

羽であれば人に配っても1個5円以下のレベルなので、身近に家族で公園バドミントン

やってる人がいるのであれば配ってあげても良いのではないかと思います。

こちら側としても羽を捨てに行く手間がなくなり、また水鳥君に対する申し訳なさも

感じずに済むので、お互いにWINWINの関係になるのではないかと思います。

なので活動再開後、ボロ羽欲しい人がいたらぜひ声をかけてください!

羽のボロさはその時々の運によるのでご了承ください。羽の消費量が多い時は

ボロ羽の質が上がり、羽の消費量が少ない時は羽の質は下がります。

ちなみに今捨てる予定となってストックされている羽はこんな感じの羽です。

ぜひ羽を無駄にしないために、水鳥君のためにご協力お願いします!

 

わか19791201

サークル管理人が当サイトを運営しています。
名前       : わか
年齢       : 40歳(1979年生まれ)
バドミントンレベル: 中の下
仕事       : システムエンジニア

視野の問題を抱えながら、20年近くやってきたバドミントンを
何とか楽しんでいこうと頑張ってます。

わか19791201をフォローする